脳卒中:心房細動はまったく原因ではない可能性があります

すべてのhouseofgoldhealthproductsコンテンツは、医療ジャーナリストによってチェックされます。

ミュンヘン(houseofgoldhealthproducts.com)-特定の心不整脈のある人は、脳卒中のリスクが複数増加します。これは、ちらつきのあるアトリウムから脳に流れ込む小さな血栓によるものです。しかし、おそらくこの説明は単純すぎます。

心臓の2つの心房の薄い筋肉壁が素早く無秩序に拍動する場合、体(右心房)または肺(左心房)からの血液は心室に向かってすばやく送り出されません。非常に遅い血流では、一般的な教義によれば、血液が凝集し、左心房からの小さな血餅が左心室を通って頸動脈または体の他の部分に向かって押し出される可能性があります。いわゆる心房細動が影響を受けた人によってさえ気づかれなくても、すなわちそれは何の症状も引き起こさない。フラッシュされた血栓(血栓塞栓症)によって引き起こされるそのような血管閉塞は、しばしば脳卒中の原因です。

症状のないちらつき

カナダの心臓専門医である博士が率いる科学者のグループ。ただし、Jeff S.Healeyはこの仮説に疑問を投げかけています。彼らは、約2,600人の心臓病患者における心房細動の段階と脳卒中の発生との間の時間的関係を調べました。すべての患者は、特別なプローブを介して心筋の電気的活動を記録するペースメーカーまたは電気除細動器を装着していました。心房細動は、これまでどの患者にも知られていませんでした。

不快感を引き起こさないが、細動の頻度が少なくとも毎分190拍で、少なくとも6分間続く心房細動の段階は、研究者にとって重要でした。約10人に1人の患者が、3か月以内に少なくとも1回はこのような無症候性不整脈を患っていました。

時間的なつながりはありません

現在、研究者らは、血栓塞栓症によって引き起こされた脳卒中が次の2年半でどの患者に発生したかを観察しました。彼らは、そのようなイベントのリスクがサイレントフリッカーを持つ人々で2.5倍に増加したことが証明されたことを発見しました。サイレント心房細動のほぼすべての20人の患者が観察期間中に脳卒中を患いました。

しかし、想定されているように、不整脈の時間的近接ではなく、通常は非常に遅く、「細動-血栓形成-脳卒中」の接続を維持できなくなりました。339日以上経過すると、細動と脳卒中の間になります(?) 。さらに、心房細動の持続時間は、多くの場合、血餅が発生するには不十分でした。これには、少なくとも48時間が必要です。

「メカニズムははるかに複雑です」

「サイレント心房細動」がこの不整脈のない人よりも著しく多くの脳卒中を患うのはなぜですか?研究者たちは、メカニズムがはるかに複雑であるに違いないと考えています。心房細動が心房(内皮)の微細な内層を損傷するか、炎症を引き起こすと考えられます。これにより、血球が蓄積し、最終的に血栓として分離します。 。おそらく、心房細動は、血栓の形成、そして最終的には脳卒中を引き起こす可能性のある別の障害の症状にすぎません。 (ジュニア)

出典:J.S。Healeyet al:「無症候性心房細動と塞栓イベントの時間的関係」、Circulation online / American Heart Association(2014年3月14日)、DOI:10.1161 / CIRCULATIONAHA.113.007825

タグ:  雑誌 防止 フットケア 

興味深い記事

add