エウスタキー管

EvaRudolf-Müllerは、houseofgoldhealthproducts医療チームのフリーランスライターです。彼女は人間医学と新聞科学を学び、クリニックの医師、査読者、さまざまな専門誌の医療ジャーナリストとして、両方の分野で繰り返し働いてきました。彼女は現在、オンラインジャーナリズムに取り組んでおり、幅広い医療がすべての人に提供されています。

houseofgoldhealthproductsエキスパートの詳細 すべてのhouseofgoldhealthproductsコンテンツは、医療ジャーナリストによってチェックされます。

耳管(耳トランペット、耳管)は中耳と鼻咽頭の間の接続です。この接続は、鼓室と外気の間の圧力を均等にするために使用されます。この圧力均等化の可能性は、ケーブルカーでのダイビング、​​飛行、および乗車時に特に重要です。ここで耳管について知る必要があるすべてを読んでください!

耳管とは何ですか?

耳管(耳トランペット、耳管)は、中耳の鼓室と咽頭の間の3〜4センチメートルの長さの管状接続です。鼓室に直接接続されている耳管の最初の3分の1は骨の部分で構成され、咽頭につながる残りの3分の2は軟骨で覆われています。耳管は咽頭で終わり、開口部は弾性軟骨によって静止時に閉じられます。

内部では、耳管は繊毛上皮で裏打ちされており、その下に粘液腺があります。それらの数は喉に向かって増加します。粘液腺と外向きの繊毛との協力により、分泌物と異物の可能性が耳管を介して咽頭の外側に輸送されます。

耳管の機能は何ですか?

耳管を介した接続鼻-耳は、中耳の鼓室と鼻咽頭の間、したがって外気との圧力を均等にするのに役立ちます。

通常の干渉のない聴覚では、鼓膜が自由に振動できる必要があります。ただし、これは鼓膜の前後の空気圧が同じである場合にのみ可能です。圧力調整器として機能するTubaauditivaがこれを処理します。通常は閉じており、圧力差を補正するためにのみ開きます。これは、たとえば、話したり、飲み込んだり、あくびをしたりするときに必要です。喉の耳管への開口部は、筋肉の力と隙間によって引き離され、圧力差がちょうど補償されます。耳管の傾斜位置は弁効果を生み出します:外側からの過剰な圧力は、軟口蓋の動きで飲み込むことなしに中耳に到達することはできません。ただし、中耳の側面からは、わずかな過剰な圧力でも、鼻と耳の接続を介してこれを補うのに十分です。

耳管はどのような問題を引き起こす可能性がありますか?

管状カタル(聴覚チューバの粘膜の炎症と腫れ)は、耳トランペットをブロックします。これは鼓室の空気供給を使い果たします。中耳に負圧が発生し、耳管からの空気圧のみが片側に作用する鼓膜が振動する能力を失い、耳管が再び自由になるまで難聴になります。

耳管(すなわち、管状カタル)の炎症は、管状中耳カタルに発展する可能性があります。

耳管が常に開いていると、自分の声が不快に大きくてブーンという音(オートフォニー)であると感じます。

タグ:  閉経 ニュース 渡航医学 

興味深い記事

add