風邪の症状:医師の診察を受けずに病気休暇

Christiane Fuxは、ハンブルクでジャーナリズムと心理学を学びました。経験豊富な医療編集者は、2001年以来、考えられるすべての健康トピックに関する雑誌記事、ニュース、事実に基づくテキストを執筆しています。での仕事に加えて、ChristianeFuxは散文でも活躍しています。彼女の最初の犯罪小説は2012年に出版され、彼女はまた、彼女自身の犯罪劇を書き、デザインし、出版しています。

ChristianeFuxによるその他の投稿 すべてのhouseofgoldhealthproductsコンテンツは、医療ジャーナリストによってチェックされます。

咳、鼻水、喉の痛み:軽度の上気道疾患の患者は、電話で医師に相談した後、医師の診察を受けなくても最大7日間病気休暇をとることができます。

この措置は、コロナウイルスの危機にある医師を救済することを目的としています。いつもとは異なり、患者は診療所への訪問を免れます。また、環境は、患者が広がる可能性のある病原体からも保護されています。

この契約は、直ちに、最初は4週間有効です。全米法定健康保険医師協会(KBV)と法定健康保険の傘下協会が今週月曜日にベルリンで合意した。

この規制は、重度の症状に苦しんでおらず、新しいコロナウイルスの感染が疑われる公式基準を満たしていない患者に適用されます。これには、(おそらく)感染した人との接触や最近の危険地域への旅行が含まれます。 Sars-Cov-2の感染の疑いがある場合でも、患者は医師に直接連絡するのではなく、電話でどのように進めるかを明確にする必要があります。 (cf / dpa)

タグ:  本のヒント 月経 老人介護 

興味深い記事

add