生ワクチンと不活化ワクチン

とSabineSchrör、医療ジャーナリスト

SabineSchrörは、houseofgoldhealthproducts医療チームのフリーランスライターです。彼女はケルンで経営学と広報を学びました。彼女はフリーランスの編集者として、15年以上にわたってさまざまな業界で活躍しています。健康は彼女の好きな科目の1つです。

houseofgoldhealthproductsエキスパートの詳細 すべてのhouseofgoldhealthproductsコンテンツは、医療ジャーナリストによってチェックされます。

予防接種の際には、生ワクチンまたは不活化ワクチンのいずれかが投与されます。ここでは、これが何を意味するのか、さまざまな種類のワクチンが持つ長所と短所、そして生ワクチンまたは不活化ワクチンでワクチン接種される病気を知ることができます!

生ワクチン

生ワクチンには、生殖性であるが弱毒化された(「弱毒化された」)病原体が含まれています。これらは増殖する可能性がありますが、通常はもはやあなたを病気にすることはありません。それにもかかわらず、免疫系は特定の抗体を産生することにより、ワクチン中の弱体化した病原体に反応します。

生ワクチンの長所と短所

  • 利点:生ワクチン接種後のワクチン接種保護は、場合によっては生涯(完全な基本免疫後)でも長期間持続します。
  • 短所:ワクチン接種が病気自体と同様の症状を引き起こすことは非常にまれですが、それでも可能です。ただし、症状は非常に軽度で、数日しか続きません。過去と比較して、今日の生ワクチンは非常に忍容性があります。

副作用は通常、生ワクチン接種の1〜2週間後に発生します。

生ワクチンおよびその他の予防接種

生ワクチン接種は、他の生ワクチンと同時に行うことができます。よく知られている例は、はしか、おたふく風邪、風疹、水痘に対する基本的な免疫です。これらはすべて生ワクチン接種です。最初の予防接種の予約時に、子供たちはMMR予防接種と水痘予防接種を同時に受けます。 2回目の予防接種予約時の4倍ワクチン(MMRV)。

生ワクチンを同時に投与しない場合は、2回の生ワクチンの間に少なくとも4週間の間隔が必要です。

特定のプロセスが免疫保護の発達を損なう可能性があるため、2回の生ワクチン接種の間隔が必要です。たとえば、はしかワクチンは免疫系に一時的な弱体化効果があると言われています。さらに、研究者は、生ワクチン接種後に放出されたメッセンジャー物質が、免疫細胞が、あまりにも早く注射されたさらなるワクチンウイルスを吸収して反応することを妨げると想定しています。

4週間の間隔は、飲み込まれた生ワクチン(ロタウイルスワクチン接種など)には適用されません。生ワクチンと不活化ワクチンの組み合わせも、最小距離なしで可能です。

生ワクチンと妊娠

妊娠中は生ワクチンを接種しないでください。弱体化した病原体は、胎児に害を及ぼす可能性があります。また、適切な免疫を受けた後、4週間は妊娠しないでください。

ただし、母乳育児中は生ワクチン接種が可能です。母親は母乳と一緒にワクチンウイルスを感染させることができますが、現在の知識によれば、これは子供にリスクをもたらすことはありません。

予防接種と妊娠について詳しくは、こちらをご覧ください。

不活化ワクチン

不活化ワクチンにはさまざまな種類があります。

  • 全粒子ワクチン:全、不活化/不活化病原体
  • 分割ワクチン:病原体の不活化断片(結果としてより忍容性が高いことが多い)
    • 多糖類ワクチン:病原体エンベロープからの糖鎖(免疫細胞を活性化するのは限られた範囲であるため、年長の子供と大人にのみ十分な効果があります)
    • 結合型ワクチン:病原体エンベロープの糖鎖も特定のタンパク質(キャリアタンパク質)に結合し、防御反応が強化されます
    • サブユニットワクチン:病原体の一定量のタンパク質(抗原)のみが含まれています
  • トキソイドワクチン:病原体毒の不活化成分
  • 吸着ワクチン:ここでは、不活化ワクチンは吸着剤(水酸化アルミニウムなど)にも結合しており、免疫効果が高まります。

組換えワクチンでは、免疫系が免疫防御を構築する、それらに含まれる病原体抗原が遺伝子操作されています。すべての場合において、以下が適用されます:死んだワクチンはもはや病気を引き起こすことができません。

不活化ワクチンの長所と短所

  • 利点:原則として、不活化ワクチンは生ワクチンよりも副作用が少ないです。そのため、今日のほとんどのワクチンはこのカテゴリーに分類されます。生ワクチンとは対照的に、他のワクチン接種との距離を保つ必要はありません(上記を参照)。
  • 短所:予防接種の保護は時間の経過とともに低下し、定期的に更新する必要があります-時には数年後(TBEワクチン接種)、時には長い時間の後にのみ(破傷風/ジフテリアワクチン接種)。

不活化ワクチンの接種後、通常、望ましくない副作用が1〜3日で現れます。

概要:生ワクチンと不活化ワクチン

次の表に、死んだワクチンまたは生きたワクチンが利用できる最も重要な病気を示します。

不活化ワクチン

生ワクチン

コレラ

麻疹

ジフテリア

おたふく風邪

TBE

風疹

インフルエンザ(インフルエンザ)

水痘(水痘)

A型およびB型肝炎

腸チフス(経口ワクチン接種)

HiB

黄熱病

HPV

日本脳炎

ポリオ

百日咳(百日咳)

髄膜炎菌

肺炎球菌

破傷風

狂犬病

チフス(注射ワクチン)

タグ:  フィットネス 緩和医療 解剖学 

興味深い記事

add