妊娠中のアルコール

EvaRudolf-Müllerは、houseofgoldhealthproducts医療チームのフリーランスライターです。彼女は人間医学と新聞科学を学び、クリニックの医師、査読者、さまざまな専門誌の医療ジャーナリストとして、両方の分野で繰り返し働いてきました。彼女は現在、オンラインジャーナリズムに取り組んでおり、幅広い医療がすべての人に提供されています。

houseofgoldhealthproductsエキスパートの詳細 すべてのhouseofgoldhealthproductsコンテンツは、医療ジャーナリストによってチェックされます。

かなりの数の女性が妊娠中にアルコールを飲みます。妊娠していることさえ知らないか、「グラス」が害を及ぼさないと信じているため、すべての妊娠中の女性の最大80%がwine&Co。を使用しています。しかし、女性が妊娠中にアルコールを消費するたびに、胎児も飲酒します-しばしば致命的な結果をもたらします。妊娠とアルコールについてもっと読む!

妊娠:胎児の血中アルコール濃度

アルコールは非常に速く血中に流れ込み、飲酒中に口腔粘膜から吸収されます。数分後、それは妊娠中の母親の脳、そして赤ちゃんの脳に到達し、赤ちゃんの脳は同じアルコールレベルになります。しかし、赤ちゃんはアルコールをそれほど速く分解することはできません。肝臓はまだ成熟していないため、アルコールを分解するのに十分な酵素がありません。毒素は、胎児に有害な影響を与えるまでの時間が長くなります。

危険な細胞毒

アルコール(エタノール)とその分解生成物(アセトアルデヒドを含む)は、細胞分裂を妨害する毒です。代謝が高く成長速度が速い臓器、特に中枢神経系(脳と脊髄)が特に影響を受けます。脳の発達の最も敏感な段階には、妊娠の最初の6週間が含まれます。しかし、妊娠の残りの期間中であっても、アルコール関連の脳損傷はさまざまな結果を伴って発生する可能性があります。

アルコールによる精神的および知的問題

妊娠中に消費されるアルコールは、子供の精神的および知的障害または心理的異常につながる可能性があります。記憶力と集中力が制限され、話す能力と全体的および細かい運動能力が損なわれる可能性があります。最も一般的なのは多動性です。これに関連して、学校や訓練における後の問題があり、それでも成人期に支援が必要になる可能性があります。

胎児アルコール症候群

最悪の場合、妊娠中のアルコールは「胎児性アルコール症候群」(FAS)を引き起こします。これはアルコール胚症としても知られています。それは、深刻な精神的喪失、臓器の損傷、および大規模な行動上の問題と密接に関連しています。アルコール依存症の子供だけが危険にさらされているわけではありません。子供がどの程度影響を受けるかは、その遺伝的構成によって異なります。そのため、数杯でも致命的な結果を招く可能性があります。あなたは記事胎児アルコール症候群でこれについてもっと知ることができます。

ビール、ワインなどにはどのくらいのアルコールが含まれていますか?

いくつかの例:0.5リットルのビールには、種類にもよりますが、18〜21グラムのアルコールが含まれています。シャンディーの場合、同じ量の飲み物で約10グラムのアルコールが提供され、軽いビールの場合は12グラムです。4分の1リットル(0.25リットル)のワインには、赤か白かに関係なく、20〜25グラムのワインが含まれています。アルコール。種類にもよりますが、0.25リットルのスパークリングワインには21〜30グラム含まれています。0.02リットル(2 cl、シンプルショット/シュナップス)のグラッパを飲む人は、約6〜7グラムのアルコールを消費します。 0.02リットル(2 cl)の卵リキュールを使用すると、2〜3グラム強になります。

アルコールフリーのビールと妊娠

アルコールを含まないビールは通常、完全にアルコールを含まないわけではありませんが、0.5リットルあたり最大2グラムのアルコールを含むことができます。あなたが本当に安全な側になりたいのなら、あなたは妊娠中にそれを避けるべきです!

妊娠中のアルコールは「ノー」!

妊娠中のアルコールのリスクのない制限値を確立することはできません。つまり、子供が子宮内で害を受けない量のアルコールはありません。適度な飲酒でも子供に害を及ぼす可能性があります。現在の発達過程によっては、少量でも十分な日もあります。ドイツでは、妊娠中の飲酒により、毎年約1万人の精神障害児が生まれています。約4,000人の子供が胎児アルコール症候群で生まれています。

したがって、子供のために(そして自分自身の健康のためにも)、女性は妊娠中はすべてのアルコールを避けるべきです。

タグ:  本のヒント アルコール薬 フットケア 

興味深い記事

add